施工事例

札幌市南区 屋根・外壁塗装工事 2021年9月28日

こんにちは!今回は札幌市南区のアパートのオーナー様からのご依頼で、外壁・屋根塗装をさせていただきましたので、作業内容をご紹介いたします。

作業前の状態

建物にはクラックと呼ばれるひび割れが壁にあったり、防水性能が落ちることによる汚れの付着が見られました。下の写真ように、ご自宅の壁も「よく見るとひび割れてる…」部分がありましたら傷んでるサインですのでご注意を!

屋根の上では、塗膜が剥がれている部分があり、このまま放置しておくと下の金属部分まで水が侵入してサビを作り、穴が空いて雨漏りの原因となる可能性がありました。梯子の部分は分かりやすいですね。

下の写真↓はパラペットと呼ばれる屋根のフチにあたる部分で、屋根のなかでも傷みやすい部分でもあります。板金の下には木材が使われており、水が浸入すると腐食が進んでボロボロになります。状態がひどい場合は部分的に交換工事が必要になってきます。

屋根の構造上、水が溜まりやすい部分、屋根と屋根と屋根のつなぎ目の部分は傷みやすく、下の写真のように塗膜が剥がれてしまった所から腐食が進みます。オーナー様に上って見ていただくわけにはいきませんので、スタッフが登ってスマホで写真を撮って、それを見ていただいています。

玄関の手すり部分はかなり塗膜が剥がれておりサビていました。放置しておくとサビて手すりが弱くなり、使った時に折れてしまうといったトラブルに発展することも考えられます。

アパートの周りをぐるりと足場を組み、窓や換気口を養生した後に、一度高圧洗浄で汚れを洗い落とします。何十年もの間、雨風にさらされていますので、ホコリ・カビ・コケなどの汚れは相当量付着しているものです。

長期間の紫外線や熱・風・水分により表面樹脂が劣化して、塗装の成分が粉状に拭き出す「チョーキング」もこの時に洗い流します。

クラックや爆裂(中の金属が錆て膨張し、表面の外壁を押し上げて壊れてしまう現象)の補修を行い、下塗り、中塗り、上塗りと塗り重ねてしっかりと仕上げます。

屋根・外壁塗装 完了!

屋根の色は今回は赤に変更いたしました。キレイに色も変わって気分も変わりますね!

こちらはパラペットです。赤が美しいですね…

前回の塗装が不十分だった屋根の一部も、今回はきれいに塗装致しました。

煙突部分もこの通り!

手すりもバッチリです!

ヘアクラックという細いひび割れも補修作業をした上から、塗装を行いますので、まるで何もなかったかのような壁になります。

今回は灯油タンクもご希望がありましたので塗り替え致しました。まるで別物ですね~。

このように、外壁塗装は家を長持ちさせることはもちろん、見た目も帰ることで、まるで別の家のように生まれ変わります!

当社では家の修理はトータル対応!家の中から外まで、お悩みがあれば何でもご相談ください。北海道の住宅構造・設備に詳しいスタッフが点検にうかがいます^^

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)